お互いに。

GWで珍しく毎日一緒なんで、子どものことを。

 

夜になって急に「足が痛い足が痛い!」と言って

足を引きずり出しました。

「ちょっと!見てぇー!」

言われなくても診ますけど。

 

足の裏のある部分を指さして「ココガイタイ…」

と、苦悶の表情。

まっすぐ真下に親指で押すと「イタタタタ…」

 

ちょっと手貸してごらんよ。

と、手の平の同じ個所を押すとやっぱり「イタタタタ…」

 

ストレスと、大掃除によるホコリにやられて

昨晩久しぶりに喘息の軽い発作をおこしたので

どうやらその疲れが今頃になって出たみたい。

 

身体っておもしろいなー(笑)

 

痛がる息子を横目に、感心しきりの母でした(笑)。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんな時、自分が代替医療家のはしくれでよかったな

と思います。

 

子どもの「イタイ」に、すぐに何らかの措置がとれること。

必要以上に不安になることがないこと。

この人、当然みたいに足をみてもらってるけど

これって結構特別なことなんだぜー(笑)

 

でも逆に、この人がいなかったら

いろんなことに遭遇することはなかったかも。

喘息だとか、夜中の熱発だとか、各種感染症だとか。

 

そのたびごとにいろいろ実験させていただいて

臨床をふやしていただいて

 

ホントにありがとうございます。

これに懲りずに、立派に大きくなってください!(笑)

 

 

※写真は10年前の超ーーー可愛かったころ(笑)

現在は巨大化して、見降ろされております…orz

f:id:esumiyuika:20170506235606j:plain

広告を非表示にする