強風のときは。

昨日あたりから、風が強いですね~。

気候がいいので窓を開け放っていたいのですが

あまりに風が強いと

ドアが勢いよくしまったり

書類が部屋の中であちこち飛ばされたりして大変です(;´・ω・)

 

そして、あまり風が強すぎる日がつづくと

わたしは仕事がしづらくなるので~

 

なぜかというと

鼻が渇きすぎるからなんですね。

 

鼻が渇くって…イヌが調子悪いトキみたいな言い方ですけど

実際渇くのは

鼻の内側です。

 

鼻の一番奥の、嗅上皮というところで

ニオイを感知するのですけど

そこまで正しく香りが届かないと

繊細な判断ができなくなってしまいがち。

 

なので、風が強い日は

乾燥防止と

ホコリやいろいろ飛んでくるものから

鼻粘膜を守るために

 

マスクを装着です!

 

ただし、マスクの素材や

使われている薬品にやられてしまわないように

 

マスクと皮膚の間には、

ティートゥリーやユーカリなど

鼻粘膜を保護する精油で作ったスプレーを

うすいガーゼに軽くスプレーしたものを

1枚はさんでいます。

 

面倒だけど

これをするとしないとで

仕事の精度がかわってくるので必須!

 

仕事のための、

遠回りだけど欠かせない一工夫…でした♪

 

広告を非表示にする