風薫る5月が駆け抜けていく

新型コロナウィルスのおかげで

たしかにあったはずの「春」を

ほとんど楽しむことなく

季節はすっかり夏に向かっています。

 

花が終わったあと、ぐんぐんと新緑が伸びる様子を

季節の爽やかさとともに表現した言葉が

「風薫る5月」

 

香り=ニオイ のこと。

薫り=想像上の香りや、文学的な抽象表現。

 

本来、香りというのは

そこに何か物体があって、しかも湿気をおびていないと

嗅覚でそれをキャッチするのは大変難しいのです。

なぜなら、鼻の中の嗅上皮という場所の粘膜に

香りの成分が溶け込むことによって

ニオイというのは感知されるものだからです。

 

これは、化学的刺激といって、味覚と同じです。

味も、舌にのせてみて、舌の上で溶けたものが

甘いとか苦いとです。

目の前に美味しそうなケーキがあったとしても

味の想像はできても、実際味わうには

口の中に入れて、舌の上で溶かしてみなければいけません。

 

だから、ニオイを感じるには、そのものがあることが

絶対条件なのです。

 

ところが、私たちはしばしば

そこに「ない」もののニオイを感じることがありますね。

 

例えば…

・春のかおり

・太陽のかおり

・故郷のかおり

などなど。

 

それがあるのは、私たちの心の中、頭の中です。

ないとは言いません。確かにある。

でも、目に見えるものではないし

液体じゃないしとてもじゃないけど嗅上皮に溶けることはできない。

 

では、どうして心の中や、頭の中にかおりが存在するのでしょうか。

 

私たちは、香りを嗅ぐと

瞬時にこれは何のニオイだ?

と、判断しようとします。

それは、私たちが生きていくために、危険があるかないかを

調べるため。本能レベルでのことなのです。

 

それと同時に

香りを嗅ぐと、その嗅いだ時のことを記憶します。

 

例えば、スッキリしただとか

眠くなったとか

おなかがすいてきたなどです。

 

また、常に同じ香りを嗅ぎ続けることで

その香りの記憶は場所だとか、風景だとかとともにやきつけられ

脳にやきつけられます。

 

私は、今でも熟す前の青いミカンを想像すると

秋の運動会に家族が応援に来てくれて

お昼休みに校庭のすみにシートを敷いて

みんなでお弁当を食べている風景が頭の中いっぱいに広がります。

運動会のお弁当には、必ずその年の初物の青ミカンを持ってきてくれた母。

果皮の真ん中に親指を突き刺した瞬間、広がるのは思わず口をすぼめたくなるような

酸っぱい香りでした。

その香りが、秋晴れの、運動会の風景を想像させるのです。

 

嗅覚って本当に不思議で、素晴らしいと思いませんか?

 

風薫る5月。

今年は新型コロナウィルス感染防止のためにStay Home!が叫ばれました。

すがすがしい季節を満喫しきれなかったのは残念ではありますが

世間がどんな状況でも、ちゃんと季節は巡っています。

 

まもなく訪れる本格的な夏が

明るく、楽しい季節になりますように。

 

f:id:esumiyuika:20200529174446j:plain

5月の空

 

つむぎの脳内~今朝刺さった言葉~

テレビの出演者に対する

ネットでの誹謗中傷がまた、話題になっていますね。

何度繰り返されればいいのだろう?と思うことはいろいろある中で

この問題は本当に心が痛みます。

 

私はネットで発言が炎上したことはないのですが

かつて作品がヤフーニュースに掲載されたときに

数えきれないほどのアンチコメントがついて

びっくりしたことはあります(笑)

もっとも、その時は、それらのアンチコメントに共感しすぎて

1ミリも傷つかなかったので

アンチの方たちのストレス解消になっただけで終わったのですが。

 

雑誌の記事やコラムの執筆を依頼されることがあるのですが

原稿は何度も推敲されるのが当たり前です。

書く側、掲載する側それぞれが、その記事に対して責任を負っています。

 

でも、ネットでの情報提供は、だれのチェックもはいらないことがほとんどです。

このブログをはじめ、個人個人が簡単に発信できる社会の中で

軽い気持ちで書き込んだことが、後に大きな間違いにつながることがあるのは当然の事であり、発信者に責任があることも当たり前のことです。

 

責任が取り切れないからぼんやりしたことしか書けない…と消極的になってしまうのも残念ではありますが

なんでもありではダメです。

自分から発する言葉、行動には責任が伴います。

神様が人間に言葉をお与えになったのは、人を傷つけるためではないはず。

 

そんな中、あまりテレビを観ないわたしが、この人は素敵だなと思う

南海キャンディーズの山里さんの言葉が刺さりました。

 

「本当に自分の好きなことに目・耳を傾けるっていうことで、シンプルに、雑音・悪口はかき消されるんだな」

 

本当にそのとおりだなと思いました。

かつて、ご自身がネットで誹謗中傷を受けたときに、そういったネガティブ情報を受け取らず、自分の心を満たす行動をとり続けることで心に傷を負わずにやり過ごすことができたという体験記事の中でのひとこと。

 

今日もするべきことは、淡々と。

将来に向けては、熱い想いをもって。

 

自分の力は、自分を必要としてくれる人のために。

自分の命の時間は、自分のために、自分が創造したい未来の世界のために。

 

f:id:esumiyuika:20180518093711j:plain

 

メディカルアロマの現場から~求められるものが変わってきた話

今朝は爽やかで過ごしやすくなりましたが

昨日の名古屋は蒸し暑かったです~。

これぞ名古屋の夏!といった感じでしょうか。

 

さすがに暑さを感じ始めると

感染症対策のためのマスク着用が

エチケットとはいえしんどくなってきますよね。

 

わたしはもともと何年も、職業柄、花粉が鼻粘膜につかないように

2月後半から5月くらいまでは

外を出歩く時にマスクをしてきました。

花粉症の症状があるからではなく、

花粉や黄砂が鼻粘膜に付着することにより炎症がおこると

仕事(調香師)に差しさわるので、それを避けるためです。

 

なので、わりとマスクとは慣れ親しんできました。

それでも、暑くなってくると

そろそろ花粉や黄砂も大丈夫かな?という感じで

マスクは外してきました。

ところが、コロナ渦でマスク=社会生活を送るうえでのエチケット

となると、うかつに外すことができません。

 

ただ、今度は熱中症の恐れや、その他の心配も出てきます。

 

そこで、最近ではマスクにシュッとする

アロマスプレーが人気です。

 

マスクの内側(肌につく側)にシュッとひと吹きすると

爽やかな香りとともに適度なウェット感でとても気持ちいいのです。

 

実はこのスプレーも、このコロナ渦においても

時期によってお客様のニーズに変化がありました。

 

コロナが騒がれ始めた2月、3月は、

とにかく抗菌作用のあるものを!という声が多く

ご自身の身を守るという意味合いで使われる方が多かったです。

 

ところが、緊急事態宣言が発令され

外出自粛が続き、だんだん気持ちに余裕がなくなってきたり

楽しみが奪われてしまっているような気持が大きくなってきた

4月中頃からは

 

とにかく、疲れを取りたい、癒されたい、いい香りにしてほしい、

リラックスしたい・・・と、ご自身を外敵からブロックするというよりは

自分で自分を調えるという方向にシフトしていらしています。

 

そして最近多いご要望が、

マスクのニオイを緩和したい、暑さをなんとかしたい

といったように、マスクありきだけれども、

その中でもなんとか心地よく過ごしたい。といったように

どんどん変化してきました。

 

コロナ怖い!とにかく怖い!

外出を控えて何とかやりすごそう

共存しよう。コロナもいて当たり前

 

に変化してきた世の中と同じだと感じます。

 

起こることは、すべて必然だと思います。

いてほしくはないけれど、コロナもいても仕方ない。

今すぐに絶滅はあり得ないし

これからも、形のちがう、別の恐怖に襲われるかもしれない。

 

それならば、今できること、今すべきことを淡々とする。

そうやって、無理なく暮らしていくことが

身体と心を守ることにつながるのではないかなぁ。

そう、思います。

 

f:id:esumiyuika:20200527100246j:plain



 

メディカルアロマの現場から~抗菌に対する意識の変化

昨日、新型コロナウィルス流行防止のための緊急事態宣言が解除され

ここ愛知県でも今日にも独自の緊急事態宣言が解除される模様です。

 

長く、先が見えないと思われていた

なんだか薄暗い毎日が、少しずつ光を取り戻してきたかのように

街も人も、少しずつ動き始めました。

 

思えばこの数か月。

人は「ナイ」にフォーカスしすぎてきました。

感染予防のためのマスクがない、除菌のためのアルコールがない、

仕事がない、どこにも行けない!!

 

マスクが感染予防になるかどうか

コロナウィルスが一般的な除菌剤で対応できるかどうか

なんてことは、もはや一切問題ではなく

人は不安でたまらなかったことを

マスクやアルコールが「ナイ」ということでバランスをとってきました。

 

そんな中、逆にこれまで気にも留めなかったことを

意識し始めたこともたくさん。

 

一番大きいのは

「敵が目に見えない」こと。

 

人が五感から受け取る情報量は

視覚が83%と言われます。

にも関わらず、ウィルスという敵は目に見えません。

だから、視覚情報をもとに生きている現代人は

不安でたまらなくても仕方なかった…というところでしょうか。

 

消毒用アルコールが「ナイ」ことで注目されたのが

精油の抗菌、抗ウィルス作用。

 

普段なら秋口から冬の中頃までしか売れないような

鼻がスースーする精油

強い抗菌作用を持つが、一般にはそんなに好まれる香りではないような精油

などまで、たくさん売れていきました。

「抗菌」とあらば何でもよかったのでしょうか(笑)

 

通常なら、このようにして希釈して、スプレー容器に入れて…

などというご案内ができるのですが

肝心のスプレー容器までも欠品状態で

店としても、お客様もいろいろと苦労しました。

 

緊急事態宣言は解除されましたが

これからは、新型コロナウィルスが常に身近に潜んでいる中で

暮らしていくことになります。

 

これまでだって、新型インフルエンザ、サーズなど

様々な感染症が流行する中で生きてきましたが

そろそろ本当に

「視覚情報だけに頼り切った生き方」

を、改めなさいよ という、神の啓示なんだと感じます。

 

二極化の時代と叫ばれて久しいですが

今回のコロナ渦で、自分の身は自分で守ることの大切さを

身に染みなかった人はいないでしょう。

 

外から帰ったらうがい、手洗い

なんて、いったい何歳の時に習いましたか?

 

暮らしは、小さな基本的な習慣の積み重ねで作るものです。

せっかくできた抗菌習慣。

これからも、ぜひ続けていただければと思います。

精油は生ものです。

棚にボトルを立てたまま、オブジェにならず

抗菌、抗ウィルス、免疫力強化のサポートとして

毎日の暮らしに利用する文化が

しっかり定着するといいなと思います。

 

#香りある毎日

#パーソナルアロマケアTsumugi

#オーダーメイドフレグランス

#満月香

#御護香

#香心育

#五社宮氏子総代

 

f:id:esumiyuika:20180505174140j:plain

 

【 聞かぬは一生の損…だけど、聞くは本当に一時の恥なの? 】

メールでいただく質問や相談の8割以上につけられている枕詞のようなもの。「今さらこんなこと聞くのは恥ずかしいのですが…」「こんなこと相談したら叱られそうですが…」
 

え?わたし、質問されて怒ったことありましたっけ?(;'∀')
 

・・・
 

わたしは質問魔ですので
ググれ!カス!!!
って言われない程度に気軽に何でも聞いてしまいます。
だいたい、何か始めるときや
誰かと知り合った時はすぐ「いろいろ聞きますから」って宣言しますし。

テレビを見てると驚くのが
世の中には何に対しても必ず専門家とか、研究家がいるということ。
 

(ちなみに大学時代のゼミの教授は「ジョージ・ロウスン」という人について研究されている方だったのですが、その研究をしているのは日本でたった2人だと言われてました。)

例をあげるとディスりみたいに聞こえそうなのであげませんが、こんなことまで専門家がいるのかwwと、ひっくり返りそうになりますよね。
 

・・・
 

今日いただいた相談は「周りの人にすすめられた精油メーカーがあって、どうも胡散臭いような気がするのだけどどう思います?」でした。

仲間や生徒からでなければ、相談の半分以上がこれです。
「ここの精油は本物ですか?」「この協会で学んで大丈夫ですか?」

そうですよね。いろいろ不安になりますよね。

そんな質問が来ようもんなら
「ググれ!!!!!」
とは、言わない。

確認するべきポイントを押さえて
事実として、正しいこと、正しくないことを
相手の気が済むまでお伝えします。
 

(だいたい途中でお腹いっぱいになるそうです。情報量に圧倒されるらしい。)
 

・・・
 

便利になったこの世の中には、いろんな情報があふれています。
ググったところで、本当のことは選びきれない。
第一、Webの中に本当のことがあるとは限らない。
 

だから、専門の知識を持った人を
どんどん利用すればいいじゃん。

書類の書き方が分かんなかったら
「わかりませーん!教えて!!」って、さっさと言えばいい。

わかんない、わかんない…って悶々とするのは時間のムダ。
 

調べてもわからない、思った答えが出てこないってときは
「今さら…」なんて言わなくていいから
 
 
早く正しい情報を手に入れよう。

それが、社会のため。


だって未来に向けては「今」が一番早いから。


「一時」なんて
宇宙の歴史から見たら、点にもならない。

 

f:id:esumiyuika:20181116015626j:image

【 キラキラは人様に見せつけるんじゃなくて、自分が変身するときに纏え♡ 】

時代に逆行して、2週間くらい前に、インスタをアカウントごと消しました。
どーも。映えない女ですww
 

つながっていたい人も、愛でていたい写真もいっぱいいっぱいあるのですが
それ以上に、同業者のイタイ投稿を見続けるのが辛い。
だから、捨てました。
またいつか人知れず復活したら、こっそりフォローにいきます(〃▽〃)ポッ

・・・

つながっているからこそ見えちゃうことっていろいろありますよね。

もやもやするの、疲れません?

「あ~あの人、頑張ってるなー!!(私もがんばろう!!)」
って思えるものはどんどん見て、モチベーションを上げる。
 

「あ~あの人、(わたしなんかよりずっと…)頑張ってるなぁ…。(いぃなぁ…)」って思ってしまうものは、後先考えずにバッサリいけばいいと思います。
そんな風に思う自分って…orz
なんて、落ち込む必要は全くない。

・・・
 
 
実はわたし…ずっと、同業者のキラキラした「お茶会」の様子を見て、イライラしていました。
羨ましい?それは断言するけど、1ミリもない。
 
 
じゃあなぜイライラしていたかというと、
自分の中で「正しくない」と思っていることを「楽しそうに」アピールされていると思っていたから。
 
 
要するに、なにが言いたいかというと
わたしは人の投稿を見て、勝手にイライラしてたわけです。
 

正しい、正しくないは感情じゃなくて事実なのだけど
香料業界の常識である「そんなこと」さえ知らない、分からない、正しい知識を持ち合わせてもいないような人たちにイライラしてたわけです。

あるとき、「そのイライラ、くだらなくない?」と気付きました。
 

「そういう程度の低い人たちのおかげで、業界全体の地位が上がらない」
とまで言っていたけれど(確かにそれは事実なのだけど)その発言は今思えば恥ずかしい。
 
 
自分の見たい世界は、自分にしか創れない。

だから、誰かと自分を比べるなんて、しなくていいんです。

経験も、環境も、知識も、何に重きを置いているかも違うのに
人と比べなくたっていい。

いつだって、比較対象は「昨日の自分」。

 
昨日より一歩でも、理想の世界に近づいてる?

 

f:id:esumiyuika:20181113213652j:image

 

【 直接お礼が言えるしあわせ。】

18歳で初めてアルバイトをした時
お客さんがお釣りを受け取りながら「ありがとう」と言ってくれました。
その時初めて「ありがとう」って言われることがこんなにも嬉しいことなのか!!!!!と感動したことをよく覚えています。

以来、接客業のとりこになり、派遣スタッフ全盛期にはいろんな職場・職業を経験しましたが、今は半分制作、半分接客業で落ち着いています。

接客業のやめられないポイントは、お客様と直接やりとりできること。
ときには、お褒めのことばだけではなく、おっそろしいクレームだったりもしますが、それでも、直接顔をみてお話しできることがほとんど。
直接お礼を言われることもあり、それよりも直接お礼を言えることがこの上ない喜びです。
 
 
一方、制作のお仕事の方は、まぁ、今のところひとりメーカーなので、すべてのやり取りを自分でしていて、直接のお客様(ご依頼主様)とは直接お話しできますが、その先の、販売店から商品を購入してくださるお客様には、直接お礼を伝えることができません。
だから、出荷のタイミングで感謝の気持ちを一緒に梱包。

その癖というか習慣のおかげか、最近読み終えた本を出品することでお世話になっているメルカリでは、「丁寧な梱包をありがとうございます」というコメントを沢山いただきます。ありがたいです。

生きていく中で、直接顔を見ることはほとんどないけど
必ずお世話になっている人ってどのくらいいるのでしょうか。
想像もできませんが。

今朝
いつもより、ワンテンポ遅れて家を出ようとしたとき、たまたまお会いしたんです。
廃品回収の方に。

一人、もくもくと新聞やら段ボールやらを、トラックに乗せていらっしゃいました。

おはようございまーす。
ご苦労様でーす。
ありがとうございまーす!!

そう声をかけると、照れくさそうに、ペコペコと何度も頭を下げていらっしゃいました。
きっといつも、ほとんど誰にも気づかれないうちに、ササっと積み込んで、次へ次へと移動していかれているのでしょう。
実際、わたしも初めて声をかけることができました。
毎月毎月、回収していただいているのに!!
 
 
いつも、知らないうちにきれいさっぱり持っていってくださっている回収業者さんにお礼が言えて、なんだかめちゃめちゃ嬉しい朝でした。小さくガッツポーズ。
 


わたしはあいにく感謝教の教徒ではないので
輝く朝日や、新しい朝に感謝…は特にしないのですが、
人知れず、地味で地道なお仕事をして、暮らしを支えてくださる方々には、心から尊敬と感謝を伝えたい。
いつもありがとうございます!

 
・・・


写真は、土曜日に
「お誕生日おめでとうございます!」って、わざわざイベント会場まで届けていただいた可愛い子たち。
いっしーさん♡ありがとうございました( ;∀;)

 

f:id:esumiyuika:20181113014622j:image