【アロマ】アロマ屋さん直伝 ~香りの上手なテイスティングのしかた~

店員がいないとお客様はわりと自由にテスターを試してくださるのですけど
私たちが近くにいると なぜか緊張を与えるらしく、かたまってしまう方も多いです。
「プロが近くにいると思うと 間違ったことしてたら恥ずかしい~」 
なんて言われるのですけど
香りの嗅ぎ方に正解も不正解もありません。
ただ、上手な嗅ぎ方っていうのか
鼻を疲れさせずに、香りを嗅ぎつづける簡単なポイントがあるのでご紹介します♪
・・・ 
まず、鼻から20センチくらい離れたところにボトルを持ってください。
両手で胸の前でモノを持って、脇をキュッとしめたくらいの感じです。
その距離で蓋をあけて、まずクンクンしてみる。
そこから少しずつボトルを鼻に近づけて、
最接近でも鼻から5センチくらいのところでボトルを止めてください。
間違っても蓋を開けて、鼻先すぐのところでクンクンしないでね。
その状態で直接 濃度の濃い原液を鼻に近づければ
鼻がビックリして 強く香りすぎてしまい
良いも悪いも好きも嫌いも 正しく判断できません!
そんなことしておきながら「わぁぁぁキツい!」って眉間にシワを寄せる人へ…アロマ屋さんは、密かに眉間にシワを寄せてます(笑)
あと、香りを確かめるとき、すぐに匂ってこないからといって
ボトルを振らなくっていいです。
または、ボトル側から顔に向けて
手で風をおくらなくっていいです。
香りは、素早く鼻に届く子もいれば
のーんびり届く子もいます。
それが、ひとつの個性です。
それに、中の液体の酸化が進みますから
ボトルはむやみに振らないでください。お願いです。
もうひとつお願いするとしたら
ボトルではなく、蓋を鼻に近づけるのも
オススメではありません。
理由は、褒められたことではないのですが
蓋に付着したままの精油が酸化して
香りが変質していることが
まれにあるからです。
(ゴメンなさい)
上手なテイスティングのコツは
・・・・・
とにかく 離れたところから。
徐々に近づける
そして ゆっくり待つ。
・・・・・
せわしなく蓋を開けては 次から次へと香りを確かめる…
なんて曲芸は
せめて1000時間くらいは香りと向き合った
プロの香り屋か 
わたしのような 超一流ののヲタクにお任せください♪(笑)
※本来、香りのテイスティングはテストペーパーを使用します。
ここに書いたのは、お店などで一般の方が香りを選ぶときに、知っておくと便利な方法です。
ネコさんったら…近すぎです!(笑)
 

f:id:esumiyuika:20200705002451j:plain